点と線

松本清張の同名ベストセラー小説の映画化

冬の博多郊外、香椎湾の海岸の黒い岩の上に、男女の死体が並んでいた。検証の結果、合意の上の心中死体と断言された。男は○○省の課長補佐・佐山、女は東京赤坂の料亭小雪の女中・お時と判った。佐山の遺留品の中に、列車食堂の受取証があった。御一人様と書かれてある。老練の鳥飼刑事はそれに疑問を持った。男女は同じ汽車で来たのではないのか。博多の旅館を洗うと、佐山は1月14日あさかぜ号で東京を発ち、東中洲の丹波屋に泊り、28日の夜、女性からの電話で宿を出、そのまま香椎海岸へ向ったらしいのだ…。

解説

ベストセラーとなった松本清張の同名小説の映画化で、『太閤記』の井手雅人が脚色、『月光仮面(1958)』の小林恒夫が監督した推理映画。撮影は『地獄の午前二時』の藤井静。『波止場がらす』の新人南廣に、山形勲・高峰三枝子・志村喬らのベテランが顔を揃える。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給
  • -
  • 製作国
  • 日本(1958)
  • ジャンル
  • スリラー/サスペンス 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:小林恒夫
    原作:松本清張
    出演:南廣/山形勲/高峰三枝子/加藤嘉/志村喬/堀雄二/河野秋武