ひばりのおしゃれ狂女

美空ひばり主演の“仇討ちもの”の一編

江戸も爛熟期、老中首席松平越中守は財政たて直しのため奢侈禁止令を発した。禁令を公然と無視して憚らぬ人物があった。一ツ橋家の隠居、すなわち将軍家の実父治済と“酒落きち”こと近江屋お美津である。お美津は父の五兵衛が不慮の急死をとげ、兄伊之吉が上方へ出奔してから気がふれ、おしゃれ狂女と呼ばれるようになったが、幼馴染の呉服商中屋のお紀代のいうことだけは聞いた。このお美津に興味を抱く人物がいる。越中守とその腹臣諏訪部新次郎だ。

解説

本田美禅の原作を『次郎長血笑記 富士見峠の対決 殴り込み荒神山』の村松道平が脚色。『幽霊島の掟』の佐々木康が監督した仇討ちもの。撮影もコンビの鷲尾元也。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給
  • -
  • 製作国
  • 日本(1961)
  • ジャンル
  • 任侠/時代劇 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:佐々木康
    出演:美空ひばり/青山京子/水島道太郎/安井昌二/徳大寺伸/菅貫太郎