東海一の若親分

マキノ雅弘が監督した、若き日の次郎長シリーズの第二編

次郎長が新居を構えることになった。恋人のお蝶と結婚することになったのだ。だが、いいことばかりは続かない。叔父の和田島の太左衛門に、吉原の貸元赤鬼銀次、その兄で三島の貸元の赤鬼金平が難題をふっかけてきた。和田島の縄張りに、女郎屋を開かせようというのだ。次郎長は銀次のところへ仲裁しにいくが、侮辱され、ひと暴れする。殺し屋稼業の剣客政五郎の助けで銀次に鉄弾をぶちこんだ次郎長は金平らに追われることになった。次郎長はお蝶と祝言をすませ、清水港を後にした。島田の宿についた次郎長を政五郎が持っていた…。

解説

『若き日の次郎長 東海の顔役』のコンビ、マキノ雅弘と小野竜之助の脚本を、『月形半平太(1961)』のマキノ雅弘が監督した、若き日の次郎長シリーズの第二編。『宮本武蔵(1961)』の坪井誠が撮影した。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給
  • -
  • 製作国
  • 日本(1961)
  • ジャンル
  • 任侠/時代劇 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督・脚本:マキノ雅弘
    脚本:小野竜之助
    音楽:服部良一
    出演:中村錦之助/水島道太郎/ジェリー藤尾/安井昌二/田中春男/加賀邦男/長島隆一/坂東吉弥/中村錦司