新・夫婦善哉

その後の“夫婦善哉”を描く

法善寺横町にある小料理屋「卯の花」を、女将おきんからまかされている蝶子は、柳吉と同棲している。だが、柳吉の女好きのためしょっちゅういざこざがたえない。柳吉は維康商店の一人息子だが、道楽がたたって勘当の身の上だ。維康では妹筆子が養子京一と店をやっている。柳吉の一人娘みつ子の縁談がすすめられていた。そんな時に、柳吉は仕事を探しに大阪へ来たというお文にひっかかった。養蜂業を念頭としている柳吉は、蝶子の貯金に未練が残ったが、誘われるままお文と東京へ出てしまった。

解説

『台所太平記』の八住利雄のオリジナル・シナリオを、同じく『台所太平記』の豊田四郎が監督した文芸もの。撮影もコンビの岡崎宏三。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給
  • -
  • 製作国
  • 日本(1963)
  • ジャンル
  • ドラマ 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:豊田四郎
    出演:森繁久彌/淡島千景/淡路恵子/小池朝雄/浪花千栄子/若宮忠三郎/山茶花究/八千草薫