作品 映画館 ニュース

トラック野郎 爆走一番星

“トラック野郎”シリーズ第2作目。

派手なデコレーションで飾った11トン車と4トン車を運転する“一番星の桃次郎”と“やもめのジョナサン”こと金造は、今日もペアーを組んで、日本列島を西へ、東へ、北へ、南へ、と突っ走っている。金造と彼の女房・君江は、桃次郎に身を固めさせようとしていたが、桃次郎は、姫路近郊のドライブ・イン「おふくろ」でウェイトレスをしている高見沢瑛子に一目惚れした。桃次郎は、自分の見合写真を瑛子に渡すように頼むが、金造は勘違いしてパキュームカーの女運転手・杉本千秋に渡してしまった。

解説

“トラック野郎”シリーズ第2作目。スピードに命を張り、恋に身を焦がす長距離トラック運転手の哀歓を描いた喜劇。脚本は『トラック野郎 御意見無用』の澤井信一郎、監督は脚本も執筆している同作の鈴木則文、撮影は『帰って来た女必殺拳』の飯村雅彦がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給
  • -
  • 製作国
  • 日本(1975)
  • ジャンル
  • コメディ 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督・脚本:鈴木則文
    脚本:澤井信一郎
    出演:菅原文太/愛川欽也/あべ静江/加茂さくら/なべおさみ/ラビット関根/織本順吉/夏八木勲/山城新伍