男はつらいよ 葛飾立志編

“男はつらいよ”シリーズ第16作目

秋も深まったある日の午後。数カ月ぶりに寅は“とらや”に帰って来た。ところが、そこには山形から修学旅行で上京したついでに寅を訪ねに来ていた高校2年の順子がいた。寅は彼女を見るなり、おもわず「お雪さん!」と叫び、順子は目に涙をいっばいため「お父さん!」と叫んだ。寅は勿論のこと、さくらや、おいちゃん、おばちゃんはビックリする。実は順子は寅が17年前に恋焦がれた人−−お雪の娘だったのだ。寅は毎年正月になると少しの金を添えて手紙を送っていたので、順子は、寅を本当の父親と勘違いしていたのだった…。

解説

“男はつらいよ”シリーズ第16作目。今回は教養を身につけようと心機一転して学問を始めた寅さんを描く。脚本は『同胞 はらから』の朝間義隆、原作・監督は脚本も執筆している同作の山田洋次、撮影も同作の高羽哲夫がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給
  • -
  • 製作国
  • 日本(1975)
  • ジャンル
  • コメディ ドラマ
  • スタッフ・キャスト
  • 監督・原作・脚本:山田洋次
    脚本:朝間義隆
    音楽:山本直純
    出演:渥美清/倍賞千恵子/樫山文枝/桜田淳子/下絛正巳/三崎千恵子/前田吟/中村はやと/太宰久雄/佐藤蛾次郎