作品 映画館 ニュース

姐御('88)

極道の夫を殺された妻の復讐を描く

大阪・道頓堀で古溝組の若頭・紺野淳一は田ノ浦組の客分・杉本に襲われ重傷を負った。淳一の妻・愛は死にものぐるいで杉本の白刃に飛びつくのだった。数日後、田ノ浦組から手打ちの申し入れがあったが、それは罠で、淳一は殺されてしまう。愛はかつて極道の妻だった澄江の店を手伝いながら田ノ浦への復讐を狙っていた。そして彼が愛人の亜矢子といるところを襲うが、失敗して刑務所に入れられてしまう。愛は獄中で女児を出産。幸子と名付けて澄江に預けた。四年後に愛は出所し、古溝組三代目・弘に迎えられた。

解説

極道の夫を殺された妻の復讐を描く。藤田五郎原作の小説「女侠客」の映画化で、脚本は『吉原炎上』の中島貞夫が執筆。監督は『冒険者カミカゼ』の鷹森立一、撮影は『華の乱』の木村大作がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給
  • -
  • 製作国
  • 日本(1988)
  • ジャンル
  • 任侠/時代劇 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:鷹森立一
    原作:藤田五郎
    脚本:中島貞夫
    出演:黒木瞳/香山美子/白都真理/高部知子/寺田農/石橋蓮司/錦引勝彦/石橋保/濱近高徳/小川晃廣