残酷・異常・虐待物語 元禄女系図

オムニバスで贈る、時代風俗もの

○おいとの巻。おいとは父の借金を肩代りに返済してくれた遊び人半次に、唆かされ、吉原の女郎にまで身を持ち崩した。やがておいとは、さる御大尽の寵愛を受けるに至ったが、半次を忘れられず、吉原からぬけ出した。だが追手に捕えられ、無残な拷問を受けなければならなかった。身篭った腹の上へ、漬物石を叩きつけられたおいとは、医師玄達の家に運ばれたが、時すでに遅かった。ほか、おちせの巻、おみつの巻。

解説

『徳川女刑罰史』でメガホンをとった石井輝男と『大奥マル秘物語』の掛札昌裕が脚本を共同執筆した風俗もの。監督は石井輝男、撮影は『横紙破りの前科者』の吉田貞次が担当した。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給
  • -
  • 製作国
  • 日本(1969)
  • ジャンル
  • 任侠/時代劇 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督・脚本:石井輝男
    脚本:掛札昌裕
    出演:吉田輝雄/山本豊三/橘ますみ/木山佳/カルーセル麻紀/三笠れい子/丘そのみ/南風夕子/沢淑子/蓑和田良太