作品 映画館 ニュース

日本暴力列島 京阪神殺しの軍団

暴力団の縄張り拡大の時に先鋭隊となって暴れまくる暴力集団の実態を描く

昭和27年。大阪・阿部野の暴力団庄司組の客分だった花木勇は、数人の仔分を従えて暴れまわっていたが、とある抗争事件がきっかけで、花木と同じ韓国人の金光幸司と兄弟のような親しみを感じるようになった。当時、大阪は大組織の天誠会と日新連合会が張り合っていた。大阪・今池を縄張りにする日新連合会系の仁田組と花木たちが事件をひき起こした事で、日新連合会々長の国友は、庄司組を強引に加盟させた。これに不満な花木は組を去り、庄司組を襲撃して組長を殺した。自首した花木は五年の求刑を受け、留守を金光が守る事になった…。

解説

暴力団の縄張り拡大の時に先鋭隊となって暴れまくる暴力集団の実態を描いたアクション映画。脚本は『少林寺拳法』の松本功と野波静雄、監督は『日本仁侠道 激突篇』の山下耕作、撮影は『逆襲!殺人拳』の山岸長樹がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給
  • -
  • 製作国
  • 日本(1975)
  • ジャンル
  • アクション 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:山下耕作
    出演:小林旭/梅宮辰夫/伊吹吾郎/根岸一正/西田良/小泉洋子/中島ゆたか/衣麻遼子/遠藤太津朗/鈴木康弘