9000マイルの約束

「かならず帰る」―妻子との約束のため、3年がかりでシベリアを横断し祖国を目指したドイツ人捕虜の実話

第二次世界大戦に召集されたドイツ人中尉のクレメンス・フォレルは、戦争犯罪者として3000人の捕虜とともにシベリアに送還された。厳しい収容所までの行程。多くの仲間を亡くし、やっと辿り着いた彼らを待っていたのは鉛鉱山での過酷な労働だった。脱走は不可能と思われたが、フォレルは故郷に残した妻子に会いたい一心で、脱走を決行する。しかしそこには、草木の一本も生えぬシベリアの凍土がどこまでも続いていた…。

解説

シベリア東端の強制収容所から祖国ドイツまでの9000マイル(14,208km)を、3年もの歳月をかけて歩き続けたドイツ人捕虜。この実話に基づいた大ベストセラー小説を完全映画化したのが本作だ。時には氷点下32度の極寒で、またある時は52度という灼熱の中、ドイツ、ベラルーシ、ウズベキスタンとロケ地を移しつつ丸1年かけ撮影されただけあり、リアルな自然の厳しさが大迫力で伝わってくる。

2004年1月17日より日比谷スカラ座2にて

  • 配給
  • 東芝エンタテインメント、アルシネテラン
  • 製作国
  • ドイツ(2001)
  • ジャンル
  • ドラマ 戦争
  • スタッフ・キャスト
  • 監督・製作・共同脚本:ハーディ・マーティンス
    出演:ベルンハルト・ベターマン/ミヒァエル・メンドゥル/アナトリー・ヴラディミロヴィチュ・コテニョフ/イリーナ・パンタエヴァ

公式サイトはこちら