解散式

監督・深作欣二、主演・鶴田浩二による、やくざモノ

暴力団追放の世論がきびしくなり関東一円に勢力を張っていた関東三和会は、傘下の各組織と共に解散した。三和会の傘下の小滝組幹部沢木が八年の刑を終えて出所したのは、それから2年後だった。解散した組はそれぞれ正業に就いていたが、沢木は元小滝組を訪ねた時、組の1人がピストルで射たれたことから、組の解散が表向きのものであることを知った。小滝組組長島村は島村建設を、桜田組は桜田建設を設立して石油コンビナートの利権をめぐって争っていたのである。

解説

『残侠あばれ肌』の山本英明と松本功が、今度も共同でシナリオを執筆し、『北海の暴れ竜』の深作欣二が脚本陣にも参加して監督したやくざもの。撮影は『暗黒街シリーズ 荒っぽいのは御免だぜ』の星島一郎。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給
  • -
  • 製作国
  • 日本(1967)
  • ジャンル
  • 任侠/時代劇 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督・脚本:深作欣二
    脚本:松本功/山本英明
    音楽:富田勲
    出演:鶴田浩二/藤純子/小宮康弘/大辻伺郎/桑山正一/内田朝雄/小松方正/金子信雄/市川好郎/市川純男