現代任侠道 兄弟分

菅原文太主演の現代ヤクザもの

新宿から赤線の灯が消えて、竜崎組の賭場はいつも客が少なく、さえなかった。竜崎は代貸鳴海と幹部五十嵐を呼ぶと引退を宣言した。しかし、この引退は隠れ蓑で、竜崎は新しく設立した丸和興行の社長に収まって、組を操っていこうと考えていた。そんな折、賭場の手入れがあり、客を逃して体を張った五十嵐は警察に捕えられた。大阪藤上一家の実子・三郎が上京して竜崎一家に草鞋を脱いだのはその留守の時だった。藤上は代貸の中部が跡目に押されたのを不満とし、東京で一家を興そうと上京したのだった。

解説

『関東テキヤ一家』の村尾昭の脚本を、『夜の歌謡シリーズ 伊勢佐木町ブルース』の村山新治が監督した現代任侠もの。撮影は『マル秘トルコ風呂』の稲田喜一が担当。 (キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給
  • -
  • 製作国
  • 日本(1970)
  • ジャンル
  • 任侠/時代劇 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:村山新治
    出演:菅原文太/待田京介/渡辺文雄/諸角啓二郎/近藤宏/砂塚秀夫/吉行和子/藤山浩二/八名信夫/安城由貴