鮮血の記録

小林旭主演の実話を基にした、リアルなやくざもの

終戦直後、米兵でごったがえす基地の町。北鮮から復員した稔は夜の女を使って、米軍から物資をひき出し、たくましく生きていた。だが、この町に根をはろうとしている暴力組織の倉畑らは彼を邪魔者にし、インチキ翻訳業の原を使って、稔にわざと銃をもたせ、米軍に逮捕させた。数年後、出獄した稔には、二郎という子分ができていた。すっかり変った町の中を、稔は原と倉畑をさがしまわった。倉畑はいまやこの町を支配するボスになっていた。また偶然、おちぶれた原に出会った。怒りをこめて殴りつけた稔だが、原も倉畑にだまされた被害者と知って、手をにぎるのだった。

解説

『拳銃は俺のパスポート』などで、モダンなアクションを作っていた野村孝が『昭和やくざ系図 長崎の顔』に続いて放つ、実話をもとにしたリアルなヤクザもの。脚本は『残酷おんな情死』の山崎巌と山口清一郎。撮影は『長崎の顔』でコンビを組んだ峰重義。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給
  • -
  • 製作国
  • 日本(1970)
  • ジャンル
  • 任侠/時代劇 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:野村孝
    出演:小林旭/田村高廣/岡田英次/水野久美/中村竹弥/青木義朗/岡崎二朗/河村有紀/高樹蓉子