作品 映画館 ニュース

喜劇 日本列島震度0

“喜劇”で済めばいいんですけどね…

近い将来、大地震が日本を襲うことは確実といわれる昨今、ここ江東0メートル地帯では日に日に地震への話題が高まってきた。タビ職人・福田清造は、ひょんなことから町内の地震対策委員長に選ばれた。毎日ブラブラとしていた清造は俄然ハッスル、会う人ごとに避難対策の大演説をぶった。清造の娘・真知子は、区役所の地震対策室に勤めている南と恋仲であるが、最近はいささか倦怠ムード。その南は仕事をサボッてギャンブルばかりを楽しみ、借金を重ねていた。そんなある日、女占師・中島蓮月が、東京に大地震が起こる、と予言した。

解説

終末論がささやかれる一方、惰性的な平和がつづいている現代、その中に持ちこまれた地震さわぎを通して、庶民のさまざまな人間模様を描く“生存欲望喜劇”。脚本は南部英夫、吉田剛、監督は脚本も執筆している『虹をわたって』の前田陽一、撮影は『恋は放課後』の竹村博がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給
  • -
  • 製作国
  • 日本(1973)
  • ジャンル
  • ドラマ コメディ
  • スタッフ・キャスト
  • 監督・脚本:前田陽一
    出演:フランキー堺/財津一郎/日色ともゑ/石橋正次/鳥居恵子/谷村昌彦/三遊亭円右/太宰久雄/十勝花子