炎の城

大川橋蔵主演の日本版“ハムレット”

約400年の昔、瀬戸内海沼岸に偉容を誇る一城があった。王見城というり城内は、明国から帰ってくる若君王見正人の噂で持ちきりだった。だが、正人の留学中に、父勝正を謀殺、城主の位を奪った正人の叔父師景と腹臣の六角直之進、今は師景の妻となっている正人の母時子は、正人の帰国を不安の面持で迎えた。正人は、師景の暴政の数々を耳にし、狂気をよそおって帰城した。だが、正人の狂気も、彼を愛する雪野の目をあざむくことはできなかった…。

解説

『(ぼく)東綺譚(1960)』の八住利堆の脚本を、『あやめ笠 喧嘩街道』の加藤泰が監督した日本版“ハムレット”。撮影は『妖刀物語 花の吉原百人斬り』の吉田貞次。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給
  • -
  • 製作国
  • 日本(1960)
  • ジャンル
  • 任侠/時代劇 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:加藤泰
    音楽:伊福部昭
    出演:大川橋蔵/大河内傳次郎/高峰三枝子/明石潮/薄田研二/伊沢一郎/三田佳子