縞の背広の親分衆

森繁&フランキー出演の喜劇

芝浦埠頭に立った黒眼鏡の男、これぞ傷害事件を殺人事件と早合点、ワラジをはいてブラジルへ逃避行を企て南米から15年ぶりに戻った守野圭助、森の石松が金比羅代参の帰路大阪に遺した落胤の末裔、おおとり組の兄分でサイの手さばきは名人はだしという人物。故国の土をふんだ彼はまず、おおとり組の守り本尊お狸不動のお参りを思い立ったが、お狸不動は高速度道路の工事現場に化しているというさびれよう。そして、おおとり組も今や没落寸前、新興ヤクザの風月組に荒らされている始末。

解説

八住利雄の原作を、『「赤坂の姉妹」より 夜の肌』の共同執筆者・柳沢類寿が脚色し、『「赤坂の姉妹」より 夜の肌』の川島雄三が監督した喜劇。撮影担当は『第六の容疑者』の岡崎宏三。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給
  • -
  • 製作国
  • 日本(1961)
  • ジャンル
  • ドラマ コメディ
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:川島雄三
    出演:森繁久彌/フランキー堺/淡島千景/団令子/田浦正巳/桂小金治/藤間紫/大辻三郎/竹田昭二/愛川欽也