さらば、わが愛 覇王別姫

中国映画ブームの火付け役。京劇役者を演じるレスリーが美しい

舞台は1925年から60年代の文化大革命時代をはさんだ70年代までの国民党政権下にある中国。幼い頃から京劇の養成所で厳しい訓練を受けてきたトアン・シャオロウとチョン・ティエイー。大柄なトアンは立役者、小柄なチョンは端正な顔立ちから女形となり、人気役者となる。兄弟のように助け合ってきた二人だったが、やがてチョンはトアンに人知れず恋心を抱くようになり、その一方でトアンのほうは高級娼婦のチュー・シエンと結婚してしまうのだった。

解説

1993年のカンヌ映画祭でパルムドール大賞を受賞した傑作。京劇の俳優を演じたレスリー・チャンの妖しいまでの美しさに日本でもファンが急増し、中国映画ブームを巻き起こした。中国では始めて同性愛と文化大革命を正面から描いた作品としても話題となった。監督・脚本は中国を代表する名匠、チェン・カイコー、出演はレスリー・チャンの他、『始皇帝暗殺』のコン・リー、チャン・フォンイー。

  • 配給
  • -
  • 製作国
  • 香港(1993)
  • ジャンル
  • ラブ・ストーリー 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:チェン・カイコー
    出演:レスリー・チャン/チャン・フォンイー/コン・リー/ゴオ・イオウ