ファウスト('94)

『アリス』に続く長編第2作目は、アニメと実写を大胆に融合した野心作

さしたる欲望も持たないごく普通の男が、何かに引き寄せられるようにさびれた芝居小屋に入り込んだ。たまたま楽屋にあったファウストの衣装を着て、ファウストを読み上げるうちに、男は何者かが仕掛けた罠にはまっていくのだった。やがて悪魔メフィストフェレスが現れ、彼は悪魔と契約してしまうのだった。

解説

アニメーション作家として、世界的に名高いJ・シュヴァンクマイエルの実写とアニメで構成された長編映画。15世紀末頃にドイツに実在した人物を基にしたといわれる「ファウスト伝説」は、ゲーテやマーロウ作品でも知られる。シュヴァンクマイエルはそれを独自の解釈で映画化。実写、粘土人形、ドローイング・アニメーション、コマ撮り特撮など多くの手法を駆使した御馴染みのアニメーション技法に加えて、実際の人間がしゃべる姿をコマ撮りする新たな技法も興味深い。

  • 配給
  • -
  • 製作国
  • チェコ(1994)
  • ジャンル
  • アニメーション 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督・脚本:ヤン・シュワンクマイエル
    出演:ペットル・ツェペックヤン・クラウ