惨劇館 夢子

予知夢で殺人を知る少女・夢子。話題のホラーコミックがいよいよ映画となって登場する!

女子高校生の夢子(美波)は毎晩のように夢にうなされ、それが現実となる予知能力を持っている。ある夜、同じマンションの隣人が子供を虐待死させる夢を見た夢子は福祉局へ通報し、子供を助けることが出来た。「まだ助けられるかもしれない…」。そう考えた夢子は、女子高生が廃墟で男に殺される夢を追い始めた。夢の映像をたよりにたどり着いた一軒の家の前で、私立探偵の竹中と出会った夢子は、これから起こるはずの殺人事件を止めるため、ともに動き始めるのだが…。

解説

日本のホラーコミックは怖い。画も怖いけれど、それ以上にドラマが怖い。そんなホラー界を引っ張ってきた漫画家・御茶漬海苔によって10年もの間描かれ続けた人気ホラー漫画「惨劇館」が、ヒロイン・夢子を連れてついに映画化される。毎晩夢のなかで殺人が起こり、それが現実のものになってしまう「能力」をもった夢子が次第に事件に巻き込まれていく物語には、単なる恐怖感だけでない、ミステリアスな魅力がある。

2002年2月9日より吉祥寺バウスシアターにてレイトショー

  • 配給
  • パオタイド
  • 製作国
  • 日本(2002)
  • ジャンル
  • ホラー 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督・脚本:久保山努
    原作:御茶漬海苔
    出演:美波/小沢和義/児島美ゆき/諏訪太郎