大いなる幻影

ジャン・ルノワール監督による、ヒューマニズムを描いた名作

第一次世界大戦中、敵情てい察の任務を持つマレシャル中尉とポアルディウ大尉を乗せたフランスの飛行機は、ドイツの飛行隊長ラウフェンシュタインに撃墜されドイツ軍の捕虜となった。マレシャルはパリの機械工の出、ポアルディウは貴族、そして国こそ違うが同じく貴族であるラウフェンシュタインは2人を捕虜扱いにせず不運な勇士として食卓にさえ招待するのであった。彼等が収容されたハルバハ・キャンプの部屋には、ロザンタァルというフランスに帰化したユダヤ人の金持の息子もいた。彼のもとに、日毎送られて来る慰問品で同室の人々はぜいたくな食事をとることが出来た。

解説

『南部の人』のジャン・ルノワールが『どん底』(1936)についで監督した仏・RAC1937年作品。ストゥリイと脚色はルノワールと『しのび泣き』『旅路の果て』のシャルル・スパークの共同執筆で、撮影は『格子なき牢獄』『旅路の果て』クリスチャン・マトラ、音楽は『ジェニイの家』のジョゼフ・コスマが担当している。

  • 配給
  • -
  • 製作国
  • フランス(1937)
  • ジャンル
  • 戦争 ドラマ
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:ジャン・ルノワール
    出演:ジャン・ギャバン/ピエール・フレネー ほか