クイーン・コング

密林の恐竜をやっつけ、ロンドンの街をぶっ壊し、クイーン・コングが大暴れ!

女流監督ルース・ハビット率いる女だらけの映画撮影隊は、期待の新人俳優レイを売り出す冒険映画を撮るためにアフリカ奥地のジャングルへ。そこでレイは、セクシーなアマゾネス軍団に拉致されてしまう。いけにえとして祭壇の上に繋がれたレイの前に現われたのは、伝説の巨大メスゴリラ、クイーン・コングだった。コングはレイに一目惚れ。手のひらに乗せて住居の洞窟へ。やがて、洞窟からレイを救い出したルースはコングを捕獲し、ロンドンに連れ帰る。

解説

『ハンニバル』の製作者ディノ・デ・ラウレンティスが76年に『キングコング』の製作を発表。それに便乗して製作されたのが、この映画。ところが映画業界の実力者ラウレンティスが大激怒。強大な圧力をかけて公開自粛に追い込まれてしまった。というわけで、今回が世界初の正式公開。歌あり、踊りあり、笑いあり、パロディありというサービス精神に溢れた珍品。

2001年9月22日より渋谷シネクイントにて

  • 配給
  • アルバトロス・フィルム
  • 製作国
  • イタリア=イギリス(1976)
  • ジャンル
  • パニック コメディ
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:フランク・アグラマ
    出演:ロビン・アスクイズ/ルーラ・レンスカ ほか
    声の出演:広川太一郎/小原乃梨子 ほか

公式サイトはこちら