坂本龍一 ライブ・フィルム・アーカイブ Ryuichi Sakamoto Live Flim Archives<PROGRAM 02>坂本龍一JAPAN TOUR 05

※本作はコンサート映画のためストーリーはありません。

解説

2005年7月24日〜8月3日まで4ヶ所7公演にわたって行なわれた坂本龍一ジャパンツアー2005。その中から、7月26日のZepp東京で行なわれたライブの模様をリハーサル風景なども織り交ぜて収録した音楽ドキュメンタリー。参加ミュージシャンは、坂本龍一(piano,keybords,computer programming)、スティーヴ・ジャンセン(drums,percussion, computer programming)、クリスチャン・フェネス(guitar, computer programming)、スクーリ・スヴェリソン(bass)、小山田圭吾(guitar,effects)、堀切潤(visual)。“BEHIND THE MASK”“TIBETAN DANCE”“千のナイフ”“戦場のメリークリスマス”“RIOT IN LAGOS”“WAR AND PEACE”“WORLD CITIZEN”といった楽曲が、世界屈指のミュージシャン達によるバンド・アレンジにより新たなグルーヴを獲得した。

2009年1月31日より

  • 配給
  • 製作国
  • 日本(2005)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト