ロルナの祈り

アルバニアからベルギーへ渡ったロルナ(アルタ・ドブロシ)は、ブローカーのファビオ(ファブリツィオ・ロンギオーヌ)の手引きで、麻薬中毒のベルギー人クローディ(ジェレミー・レニエ)と偽装結婚する。ファビオは、ロルナが国籍を取得したらクローディを殺し、国籍を必要とするロシア人と彼女を結婚させようとしていた。ロルナも、同郷の恋人ソコルとバーを開くという夢のため計画に乗るが、クローディと暮らすうちに罪の意識が芽生える。クローディは入院する。ロルナは自分の体を傷つけてクローディから暴力を受けた振りをし、看護婦のモニクを証人として離婚を申請する。退院したクローディはロルナと夕食の約束をする。しかし裁判所から離婚を認める文書を受け取った彼女は、ファビオにそれを伝えるため家を飛び出す。ファビオはロシア人を説得し、離婚手続きを待つと彼女に伝える。ロルナが家に戻ると、彼女に見捨てられたと思ったクローディが売人を呼んでいた。ロルナは必死にそれを止める。その後、2人は激しく愛し合う。しかし、クローディは殺される。ロルナはクローディの金を母親に届けるが、彼の兄に拒まれる。ロルナはロシア人と顔合わせをし、受け取った前金でバーの物件を契約する。ソコルと電話で話していると、腹痛を感じる。堕胎のため病院を訪れたロルナは、エコー検診の直前に検査室を飛び出す。ロシア人はロルナの妊娠を知ると激昂する。ファビオは堕ろすよう詰め寄るが、再びロルナを腹痛が襲う。担ぎ込まれた病院で、医師はロルナが妊娠していないと告げる。ロルナはモニクに会い、クローディのことを打ち明ける。真相が漏れたことにファビオは激怒し、ロルナに帰国を命じる。バーの資金の借り入れ契約も破棄され、損をしたと言うソコルにロルナは失望する。アルバニアへの道中、ファビオの部下スピルー(モルガン・マリンヌ)の車に乗ったロルナは身の危険を感じ、森へ逃げ込む。そして見つけた小屋に入り、子供を守っていくことを決意する。

解説

国籍のために偽装結婚した男女の間に生まれた愛の奇跡。監督・脚本は「ロゼッタ」「ある子供」でカンヌ国際映画祭パルムドールを受賞したジャン・ピエール&リュック・ダルデンヌ兄弟。出演は、「MAGIC EYE」のアルタ・ドブロシ、「つぐない」のジェレミー・レニエ。2008年カンヌ国際映画祭最優秀脚本賞受賞作品。

2009年1月31日より

  • 配給
  • ビターズ・エンド
  • 製作国
  • ベルギー フランス イタリア(2008)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト