里山っ子たち

※本作はドキュメンタリーのためストーリーはありません。

解説

市街地に残る里山での保育を実践している千葉県・木更津社会館保育園の子どもたちの姿を1年半にわたって見つめたドキュメンタリー。2007年秋にNHKで放映され、話題を呼んだテレビ番組『里山保育が子どもを変える』に新たな映像を加えて再構成した。監督・撮影は「海女のリャンさん」の原村政樹。撮影はほかに「ヒバクシャ 世界の終わりに」の岩田まき子、「いのち耕す人々」の藤江潔が担当している。2006年11月。入園した子どもたちの森の保育がスタートする。保育園から歩いて1時間のところにある里山の泥田で遊んだり、カエルの卵を手ですくったり…。自然の中で泥んこになって、野生の木の実を味わい、生き物たちと触れ合う。怪我をして泣くこともあれば、感情むき出しの喧嘩も頻繁に起こる。そんな中で、子どもたちは、助け合いの心や思いやり、コミュニケーション力を育みながらたくましく成長していくのであった。

2009年1月3日より

  • 配給
  • 桜映画社
  • 製作国
  • 日本(2008)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト