ピューと吹く!ジャガー いま、吹きにゆきます

スター養成学校“ガリプロ”ふえ科の学生、ピヨ彦(声:金丸淳一)は、ある日訪れたフリーマーケットで筒状のオブジェが付いたチョーカーを購入する。会場を一回りした後、偶然出会った“ガリプロ”ふえ科講師のジャガー(藤原啓治)と学生の高幡不動(田村慧)と一緒に帰宅。そしてトイレの扉を開けると、目の前に現れたのは一面の別世界。驚いて扉を閉じるピヨ彦だったが、既に部屋には異世界から紛れ込んだと思われる女性が立っていた。彼女は、ピヨ彦の首に掛かったチョーカーを見て表情を変える。だが、落ち着いて話をする間もなく、従者と思われるステンベルゲン(伊武雅刀)と呼ばれる男、女性を尾行してきたナゾの追っ手たちが続けて現れる。ステンベルゲンに促されるままにジャガー、ピヨ彦、不動、さらにいつの間にかついてきていた高菜(笠木泉)、ハマー(小西克幸)の5人は、逃げるために畳の下へ飛び込んだ2人の後を追う。そして辿り着いた別世界で、ステンベルゲンから女性がフランツ帝国のアルト王女(真木よう子)であると聞かされる。さらに、先ほどの追っ手が、闇の世界の住人・闇民=“やみん”と呼ばれる種族であることも。果たして、なぜ闇民たちはアルト王女を追うのか? ピヨ彦のチョーカーは一体何なのか? そして、5人は元の世界へ帰れるのか……? 様々な謎を孕んで物語は展開してゆく。

解説

実写映画化もされたうすた京介の人気ギャグ漫画を、「秘密結社 鷹の爪」シリーズで知られるFROGMAN監督でフラッシュアニメとして映画化。声の出演は、主役のジャガーを「クレヨンしんちゃん」シリーズの藤原啓治が演じる他、「フライング☆ラビッツ」の真木よう子、「私は貝になりたい」の伊武雅刀などがゲスト出演。2009年1月1日からTOHOシネマズ六本木ヒルズにて先行公開された。

2009年1月10日より

  • 配給
  • DLE
  • 製作国
  • 日本(2008)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト