アナーキー(2008)

1980年。五人の全てが事件[パンク]だった…。「大人社会に不満を持つオレたち、オレたちに不安を持つ大人たち…。早く自分を捜し出せ。そうしないと知らない間にむしばまれていくぜ、クセェ社会に。」5人は時代に喧嘩を売り、凄絶に駆け抜けた! このドキュメンタリーは、アナーキーが日本中に衝撃を与えていた1980年頃にまだ生まれていなかった今を生きる若者たちに贈られる。ちょうど30年前に、埼玉の不良が憧れだけで何も分からないクセに、勢いで結成したバンド・アナーキーが時代と重なり、1970代後半に世界同時多発的に盛り上がったパンクムーブメントと呼応し、日本のロックシーンと社会に与えた強烈なインパクトをメンバー自身、当時の関係者、そして彼らによって人生を変えられ、決められたアーティストたちのインタビュー、さらには貴重な映像を通して辿っていく。1978年、埼玉で5人の不良・仲野茂(Vo.シゲル)、藤沼伸一(Gu.シンイチ)、寺岡信芳(Ba.テラオカ)、小林高夫(Dr.コバン)、逸見泰成(Gu.マリ)が集まりバンドを結成。1979年、ヤマハ主催のアマチュアロックコンテスト「EAST&WEST」にて最優秀ボーカリスト賞と優秀バンド賞を受賞。1980年、レコード会社の争奪戦の末2月ビクターレコードからメジャーデビュー。1stアルバム『アナーキー』は13万枚のセールスを記録したが、ある政治団体の圧力を受け発禁となる。同年、たて続けに2ndアルバム『'80維新』をリリースする。1981年、3rdアルバム『亜無亜危異都市(アナーキーシティ)』はクラッシュのプロデューサー、Mikey Dreadを迎えロンドンのエアースタジオでレコーディング。音楽的にも高い評価を得た。その事は皮肉にもメンバーの成長にズレを生じるきっかけにもなり、『音楽』への想いや意識に微妙な変化を見せ始める。同年4thアルバム『READY STEADY GO』をリリース。1982年、5thアルバム『ANARCHISM』をリリース。1983年、6thアルバム『REBEL YELL』をリリース。1984年、7thアルバム『デラシネ』は名盤として批評家達に大絶賛される。1985年、8thアルバム『BEAT UP GENERATION』は、ロックの王道としての貫録さえ漂わせる作品となる。そして悲劇は起きる。同年6月、ギターのマリが元妻を刺し、逮捕。アナーキーは活動を停止した。本作品は2006年にリリースされたアナーキーのコンプリートボックス『内祝』に収められている元アナーキー親衛隊で現在は映画監督の太田達也によるドキュメンタリー「アナーキー!」に追加撮影とアレンジを加えたリミックスムービーである。本作にも引用されている1981年制作の8mm映画「ノット・サティスファイド」の監督でもある太田氏でなければ撮影出来なかった映像と発言はまさに真実のアナーキーを捉えている。また、リミックスを担当した川口潤は2007年にNYで行われたボアダムスの世紀のイベントを追った「77BOADRUM」の監督として一躍注目を集め、若手ミュージシャン達から圧倒的な支持を受ける注目の映像作家である。今を生きる若者たちに贈る、色褪せないメッセージ。

解説

1980年。五人の全てが事件[パンク]だった…。5人は時代に喧嘩を売り、凄絶に駆け抜けた! このドキュメンタリーは、アナーキーが日本中に衝撃を与えていた1980年頃にまだ生まれていなかった今を生きる若者たちに贈られる。ちょうど30年前に、埼玉の不良が憧れだけで何も分からないクセに、勢いで結成したバンド・アナーキーが時代と重なり、1970代後半に世界同時多発的に盛り上がったパンクムーブメントと呼応し、日本のロックシーンと社会に与えた強烈なインパクトをメンバー自身、当時の関係者、そして彼らによって人生を変えられ、決められたアーティストたちのインタビュー、さらには貴重な映像を通して辿っていく。本作品は2006年にリリースされたアナーキーのコンプリートボックス『内祝』に収められている元アナーキー親衛隊で現在は映画監督の太田達也によるドキュメンタリー「アナーキー!」に「77BOADRUM」の川口潤がリミックスを担当、追加撮影とアレンジを加えたリミックスムービーである。

2008年12月20日より

  • 配給
  • 日本出版販売
  • 製作国
  • 日本(2008)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト