トミカヒーロー レスキューフォース 爆裂MOVIE マッハトレインをレスキューせよ!

「トミカヒーロー レスキューフォース 爆裂MOVIE マッハトレインをレスキューせよ!」世界を一周する夢の超特急“マッハトレイン”が謎の組織「ネオテーラ」の企みで、ドクトル・マドゥ(山里亮太)に乗っ取られる。ドクトル・マドゥ=真殿麻太郎は、機械工学博士であったが、世界超特急の開発競争に敗れ、マッハトレインに対し激しい恨みを抱いていたのだった。車内には世界旅行を楽しむ家族や子供たち、ダンサーを夢見てニューヨークのブロードウェイを目指す少女・舞島美有紀(児玉絹世)など大勢の人々が取り残されている。マッハトレインは暴走列車と化し、このままでは終着駅に衝突、大爆発を起こし史上最悪の大惨事となってしまう。世界消防庁は人々の救出のため、「レスキューフォース」に緊急出動を要請。早速、メンバーは救出活動を行なおうとするが度重なるネオテーラの妨害によって救助は難航する。迫り来る終着駅。絶体絶命のピンチに立たされたその時、新たなるレスキューヒーロー&ビークルが現れた。刻々と迫るタイムリミット。レスキューフォースは、人々の命と夢を守ることができるのか……!?「爆走!トミカヒーローグランプリ」年に一度の祭典“トミカヒーローグランプリ”。注目のエントリーは「レスキューフォース」メンバーの轟輝(猪塚健太)、陣雷響助(野口征吾)、香月レイ(はるの)、白木寿里(長谷川恵美)、そして隊長・石黒鋭二(岩永洋昭)。グランプリを制し、“レスキューフォース最速”の称号を手にするのは……!?

解説

災害の危機から人々を救出するヒーローの活躍を描く人気テレビ番組『トミカヒーロー レスキューフォース』の劇場版。監督は『バイアブル』の岩本晶、『魔弾戦記リュウケンドー』でラインプロデューサーを務めた江良圭(「爆走!トミカヒーローグランプリ」)。出演は「時をかける少女(1997)」の早見優、南海キャンディーズの山里亮太、「ユメ十夜」の藤岡弘、など。

2008年12月20日より

  • 配給
  • 松竹
  • 製作国
  • 日本(2008)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト