映画 たまごっち うちゅーいちハッピーな物語!?

たまごっちたちが暮らすたまごっち星。たまごっちの子供たちが通うたまごっちスクールに、ある日、おとぎっち兄妹の“空飛ぶ移動図書館”がやって来る。おとぎっち兄妹の描くふしぎな絵本を読むと、その絵本の世界に入り、物語の主人公になることができた。発明好きな男の子・まめっち(声:釘宮理恵)は、ふしぎな絵本を読んでいて感じるハッピーな気持ちをヒントに新しい発明に取り組む。発明はいつものように失敗したかに見えたが、偶然、落ち込んでいる人にハッピーを届ける能力を持つハピハピっち(こおろぎさとみ)が誕生する。しかし、そんなハピハピっちでも、ハッピーにすることができないたまごっちがいた。まめっちの妹・ちゃまめっち(儀武ゆう子)のクラスに転校してきたききっち(竹内順子)だ。ある日ききっちは、『世界一幸せな物語』という絵本の中から助けを求める声を聞きつける。ききっちはまめっちたちと一緒に、絵本の中に飛び込んでいく。この絵本の中の世界では、話が進んでもまた元に戻ってしまい、同じことを繰り返す羽目になる。幸せな結末を迎えられない絵本は、ついに暴れ出してしまう。パニックがたまごっち星全体に広がろうとする中、まめっちたちはたまごっち星を救おうとする。

解説

人気キーチェーンゲームをアニメ化した『たまごっち』劇場版第2弾。新キャラクター“ハピハピっち”と“ききっち”が仲間入りしたたまごっちスクールのメンバーが、おとぎっち兄妹の描くふしぎな絵本の中に飛び込み、大冒険を繰り広げる。監督は「劇場版 動物の森」の志村錠児。声の出演は、『鋼の錬金術師』の釘宮理恵。

2008年12月20日より

  • 配給
  • 東宝
  • 製作国
  • 日本(2008)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト