初恋の想い出

1980年代の中国。幼馴染のホウ・ジア(ルー・イー)とチー・ラン(ヴィッキー・チャオ)は、大学受験を控えた頃にはお互いに恋心を抱いていた。その一方で、何故かふたりの交際を快く思わない親たち。合格発表の日、合格を告げるホウ・ジアに母親が突然、亡くなった父はチー・ランの父親のせいで自殺したと告げる。ホウ・ジアを迎えにきたチー・ランに、ホウ・ジアはもう訪ねてこないでくれと冷たく突き放す。チー・ランは家族にホウ・ジアの父親の死の真相を問いただすも、誰も答えない。『ロミオとジュリエット』に自分たちの境遇を重ねるふたり。しかし親たちの反対は激しさを増していき、彼らを引き離そうとしていた。初めて結ばれた日、ふたりは命を断とうとするが、完遂できずに警察に保護されてしまう。その帰り道、ホウ・ジアは母親から父親の自殺の真実を聞かされる。ホウ・ジアは悩んだ末に、母親の気持ちを汲んで、留学を決める。ある日チー・ランは、ホウ・ジアの母親から女性と笑いあうホウ・ジアの写真を見せられる。それを見たチー・ランは孤独を感じ、自らホウ・ジアとの連絡を断ってしまう。7年後、ホウ・ジアは帰国するが、チー・ランをすぐには訪ねなかった。彼女が違う人生を歩んでいるのではないかという不安からだった。一方のチー・ランも、自分の殻に閉じこもり、独りきりでいた。お互いが距離を置くほど、お互いを想い続ける日々が続いた。時は過ぎ、チー・ランの父親が末期癌に侵され、余命短いチー・ランの父親は、ホウ・ジアの母親に昔の事件のことを謝罪した。両家は和解するも、父親が病になったのは親不幸だったからと思い悩んだチー・ランは、ホウ・ジアと会おうとはしなかった。ある年のバレンタインデー。偶然再会したふたりはウエディングドレスとタキシードに身を包み、記念として写真だけを撮影した。それは、ふたりの初恋が20年以上の時を経て想い出に変わった瞬間だった…。

解説

周囲の反対や様々な苦難を受ける二人の初恋の軌跡を描いたラブストーリー。監督は「故郷の香り」のフォ・ジェンチイ。出演は「夜の上海」のヴィッキー・チャオ、「ジャスミンの花開く」のルー・イー、「北京物語」のソン・シャオインほか。第8回上海国際映画祭主演女優賞受賞。

2008年10月4日より

  • 配給
  • ブロードメディア・スタジオ
  • 製作国
  • 中国(2005)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト