天国はまだ遠く

都会で忙しく働くOLの千鶴(加藤ローサ)は日々の生活に疲れていた。仕事も恋もうまくいかないし、一人で頑張るのも限界。彼女は逃げるように京都の宮津へ旅立つ。“知らない場所でさよならするのだ。”夜の駅に降り立った彼女は、人のいない場所に連れて行って欲しいとタクシーに乗り込む。街灯もなく闇に包まれた森を抜け、辿り着いたのは山奥に佇む“絶景の宿 民宿たむら”。戸惑う千鶴を迎えたのは、ひとり静かに自給自足の生活を送る宿の主人、田村(徳井義実)だった。他に客はいない。意を決した千鶴は大量の睡眠薬を飲み込むと、深い眠りに落ちていく。だが32時間後、眠り続けた千鶴は何事もなく目を覚ます。自殺は失敗、体はどこにも異常なし。そんな千鶴を朝日と魚が焼ける匂いが誘い、田村と共に朝食を取ることになる。光り輝く海、森を吹き抜ける風、木漏れ日、自然の恵みを生かした田村の手作り料理。それらすべてが新鮮だった。そして、何気ない田村のやさしさに、千鶴の砕かれた心は徐々に回復していく。一方、殻に閉じこもりストイックな日々を送っている田村にも、大きな秘密があった。しかも、千鶴という突然の訪問客が田村の心を乱していくのだった…。

解説

瀬尾まいこの同名小説を「夜のピクニック」の長澤雅彦監督が映画化。都会生活に疲れ、自殺目的で人里離れた土地を訪れた女性が、民宿を営む男との交流を通じて再生する姿を温かなタッチで綴る。主演は「デトロイト・メタル・シティ」の加藤ローサと、「ガキンチョ★ROCK」にも出演したお笑い芸人“チュートリアル”の徳井義実。

2008年11月8日より

  • 配給
  • 東京テアトル
  • 製作国
  • 日本(2008)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト