イエスタデイズ

聡史(塚本高史)は電報を手に、ガンで余命わずかな父・昭彦(國村隼)の入院する海辺のホスピスへやってくる。聡史は、レストラン経営で成功した冷徹な父に反発し、3年前に家を飛び出していた。昭彦は、30年前に付き合っていた女性を探してほしいと聡史に頼む。別れてかなり経ったあと、自分との間にできた子供がいることを知ったが、探し出せなかったという。手がかりは真山澪という名前、当時の住所、東洋音楽大学のピアノ課に在籍していたということと、当時画家をめざしていた昭彦がスケッチブックに描いた彼女の絵。父へのわだかまりが解けない聡史は断ろうとするが、妻・節子(風吹ジュン)や、すでに遺産配分を気にしている長男・慎一(蟹江一平)には頼めないという父の言葉に、仕方なく承諾する。聡史は、澪が暮らしていた明風荘を訪れる。しかしすでに取り壊し寸前だった。聡史が父のスケッチブックを開くと、そこには新しい明風荘が描いてあった。聡史は建物に入り、誰もいないはずの203号室の扉を開ける。するとキスをする若い男女がいた。2人は32年前の昭彦(和田聰宏)と澪(原田夏希)だった。3人は意気投合し、様々なことを語り合う。しかし聡史が部屋を出ると、現代の世界に戻った。聡史はそれからもスケッチブックを開いては、2人と友情を育んでいく。家を出てからアルバイト生活を送っていた聡史には、芸術に打ち込む2人の姿はまぶしく思え、また、活き活きとした昭彦の姿を見て、父への感情も変わっていく。しかしある日、昭彦は亡くなった父親のレストランと借金を相続する。そして、彼らの関係は崩れていく。現代の世界で、聡史は母に事情を伝える。母は澪の名前を聞き一瞬動揺を見せるが、気丈に振る舞う。聡史は澪の同級生だった有名ピアニストの娘(中別府葵)から、澪の連絡先を入手する。聡史はついに澪(高橋惠子)に会う。すると澪の口から、意外な真実が語られる。

解説

時代を越えた父子の関係と友情を、1冊のスケッチブックが繋ぐ感動のファンタジー。原作は、『MISSING』の本多孝好による同名短編小説。中編「ハミングライフ」の窪田崇による長編初監督作品。出演は、「木更津キャッツアイ ワールドシリーズ」の塚本高史、「萌の朱雀」の國村隼、「純喫茶磯辺」の和田聰宏

2008年11月1日より

  • 配給
  • エスピーオー
  • 製作国
  • 日本(2008)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト