僕らの方程式

鉄道研究部に所属する高校生・心平(中村優一)は鉄道模型コンテストを翌日に控え、オタク仲間のトミオ(相葉弘樹)、ユウキ(兼子舜)と共に最後の仕上げに取り掛かっていた。しかし学校一の美少女・椿(中別府葵)にラブレターを渡したばかりの心平は、彼女のことで頭がいっぱいだった。すると、鉄道模型にバスケットボールが直撃する。犯人は、イケメンのワタル(桐山漣)とタカフミ(三浦涼介)だった。やむなく3人は、徹夜で学校に居残り、作業を続けることにする。一方ワタルとタカフミは、留年のかかった追試で及第点を取るために、夜中に職員室に忍び込み、テストの問題を盗む作戦を立てていた。バンドマンに憧れている教師の秋島(永山たかし)は、友人のバンドマン・カシワ(東山光明)からライブの代打を頼まれ、引き受ける。そして2人は、夜の学校で猛練習をすることに。カシワには、車田(KYOHEI)という相棒がライブ前日に失踪したため、やむなく秋島に代打を頼んだという裏事情があった。放課後、心平が手紙に書いた通りに、椿が正門前にやってくる。心平は有頂天になるが、椿は浮かない顔をしている。夜、椿の自宅に、椿を誘拐し身代金を要求するという脅迫状が届く。日出原刑事(柳沢慎吾)が見守る中、椿の父(三上市朗)は犯人の指示に従い、金を持って奔走する。途中、林巡査(渋川清彦)に妨害されつつ、真夜中の学校に到着する。すると居残っていた心平たちやワタルたちが、誘拐犯だと勘違いされる。そして彼らは瞬く間に、学校に籠城する立てこもり犯に仕立て上げられる。さらにバンドの練習をしていたカシワや、なぜか現れた車田も巻き込んで、事態は大事になっていく……。

解説

同じ学校に通いながら決して交わることのないオタクとイケメンが、偶然が重なって立てこもり犯に仕立て上げられる“巻き込まれ型密室劇”。監督は「地球でたったふたり」の内田英治。出演は、TV『仮面ライダー電王』の中村優一、TV『ウォーキン☆バタフライ』の中別府葵。

2008年10月4日より

  • 配給
  • バイオタイド
  • 製作国
  • 日本(2008)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト