宿命(2008)

すさんだ暮らしに疲れ果てていたウミン(ソン・スンホン)は、裏社会から足を洗いたいと思っていた。それを知った兄貴分のガンソプ(アン・ネサン)は、チョルジュン(クォン・サンウ)、ドワン(キム・イングォン)と共にカジノを襲撃、組織の金を強奪しようと計画する。最強のチーム・プレーを誇る4人の計画は成功したかに見えたが、約束の場所にドワンが現れない。組織のボス・ドゥマン(ミン・ウンシク)の右腕ヨンファン(チソン)に既に捕られていたのだ。3人の場所も突き止められ、ガンソプはアキレス腱を切られ、ウミンは事件の責任を負って刑務所に入ることになった。ところが、チョルジュンだけはドゥマンから労いの言葉をかけられるのだった…。2年後。出所したウミンは、クスリに溺れるドワンの変わり果てた姿に愕然とする。ウミンの元恋人ウニョン(パク・ハンビョル)はドゥマンの愛人となり、笑顔をなくしてしまっていた。ウミンはチョルジュンの経営するクラブに乗り込み、ドワンを廃人同然にした男を叩きのめし、ドワンの元恋人だったホステス・ミジン(キム・ミンジュ)に詰め寄る。その後、チョルジュンはウミンを襲い、瀕死の重傷を負わせた。チョルジュンにとって、もはやウミンは邪魔なだけの存在であった。そんなある日、チョルジュンはウミンを見舞うドゥマンを目撃する。自分の居場所を失うのではないかと焦りはじめるチョルジュン。ある夜、船上でドゥマン一派の闇取引が行なわれた。ヨンファンらが取引を終えて港に戻ってくる頃、チョルジュンは丘にいたドゥマンを襲い、部下たちが大金の入ったアタッシュケースを奪取する。しかし、そこにはウミンの姿があった。すべての因縁を断ち切ろうと、ひとつの決断をしたウミンは最後の大勝負に出るのだった……。

解説

裏社会に生きる男たちの友情や裏切りを描くアクションドラマ。監督・脚本は「恋愛、その耐えられない軽さ」のキム・ヘゴン。出演は「氷雨」のソン・スンホン、「青春漫画〜僕らの恋愛シナリオ〜」のクォン・サンウ、「恋する神父」のキム・イングォンなど。

2008年10月4日より

  • 配給
  • エスピーオー=フォーミュラエンタテインメント
  • 製作国
  • 韓国(2008)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト