シャカリキ!

亀ヶ丘高校の自転車部は、部員が減り、次のインターハイで結果を出せなければ廃部となることになっている。有力選手が抜け、部員はエースの鳩村(中村優一)、虚弱体質の斉藤(小柳友)、メタボ体型の丸山(池田哲哉)、自転車に乗れない鳥越(坂本真)とマネージャーの永田桜(南沢奈央)のみとなり、大会エントリーに必要な人数も確保できていなかった。そんな中、自転車が大好きな野々村輝(遠藤雄弥)の走りを目にした亀高自転車部の監督・由多比呂士は彼の潜在能力を見抜き、部に勧誘する。しかし、ただ誰よりも速く走りたいだけのテルは、元々団体行動が苦手なこともあり、部員との間に軋轢を生んでしまう。インターハイ団体戦当日、強豪・鳳帝高校のエースで由多比呂士の息子・比呂彦が挑発しテルは暴走。チームロードのルールを外れ、失格になってしまう。部は解散となったが、比呂士に勝ちたいというテルの気持ちは変わらなかった。もくもくとペダルを漕ぎ続け、部がなくても自転車には乗れる、自転車が好きだと言うテル。彼の熱意に動かされ、部員は再び集結。誰でも参加できる「ゲロルシュタイナーカップ 石渡山・市民ロードレース大会」への出場を決める。テルは単身鳳帝高に乗り込み、比呂士に挑戦状を叩きつける。こうして再集結した亀高自転車部は、勝つにはチームプレー以外にはないとの監督の言葉を胸に、打倒比呂士を誓って猛特訓を開始する。大会が行われる石渡山は、坂好きのテルにはもってこいの急勾配が続くコースだった。このレースは、インターハイとは違い個人で競い合うルールだが、亀高自転車部はチーム一丸となってエール鳩村をアシストする作戦を立てる。かたや比呂士は、これは自分のレースだと言い放ち、チームメイトのアシストを断わる。そしていよいよスタートの合図が鳴り、ロードレーサーたちは一斉に走り出した……。

解説

自転車好きの高校生が、エースを守って勝たせるチームロードのルールに苦戦しながらも強豪校に挑む、青春ムービー。監督は、本作が初監督作品となる大野伸介。出演はドラマ『篤姫』の遠藤雄弥(D-BOYS)、「体育館ベイビー」の中村優一(D-BOYS)、「テニスの王子様」の鈴木裕樹(D-BOYS)ほか。

2008年9月6日より

  • 配給
  • ショウゲート
  • 製作国
  • 日本(2008)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト