作品 映画館 ニュース

劇場版 仮面ライダーキバ 魔界城の王

1986年、人間に化け、人間の生命エネルギーであるライフエナジーを吸って生きるモンスター、ファンガイアが現れた。バイオリン製作者にして天才バイオリニストの紅音也(武田航平)は、ファンガイアと戦うファンガイアハンターの麻生ゆりと出会い、仮面ライダーイクサとなる。それから22年後の2008年、音也の息子・渡(瀬戸康史)は、父の遺したバイオリン「ブラッディ・ローズ」を超える名器を作るためにバイオリン職人として修業をしていた。ある日、ゆりの娘でファンガイアハンターの恵と出会い、仮面ライダーキバに変貌。渡は自分がなぜ変身し、戦わなければならないのかを知らないまま、ファンガイアと戦いを繰り広げていた。ある日、かつてキバによって封印されていた、人類滅亡を告げる<レジェンドルガ>が復活した。さらに人々を襲う杉村隆(堀内健)が、巨大な王<仮面ライダーアーク>として覚醒する。一方、渡は高校生活を送ることになった。そして音也と渡をはじめとする様々な親子の絆が、22年の時を越え結ばれる。キバはファンガイアを凌駕する強敵・レジェンドルガとの激しいバトルを始め、さらに新フォームとなって、アークとの空中大戦を繰り広げる。

解説

石ノ森章太郎原作の特撮テレビ番組『仮面ライダー』シリーズで、平成ライダー9作目に当たる『仮面ライダーキバ』の劇場版。監督は「仮面ライダー THE NEXT」の田崎竜太。出演は、ミュージカル『テニスの王子様』の瀬戸康史、テレビ『花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜』の武田航平、お笑いトリオ・ネプチューンの堀内健。

2008年8月9日より

  • 配給
  • 東映
  • 製作国
  • 日本(2008)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト