作品 映画館 ニュース

ベガスの恋に勝つルール

パーティー好きの大工のジャック・フラー(アシュトン・カッチャー)と、お堅い貿易商のジョイ・マクナリー(キャメロン・ディアス)。ニューヨークから休暇を過ごしにラスベガスを訪れていた2人は、酔った勢いで結婚式を挙げてしまう。そしてジョイがプレイしていたスロットで、ジャックが300万ドルを当てる。2人はマンハッタンに戻り、ジャックの親友で顧問弁護士のスティーヴ(ロブ・コードリー)を交えて、婚姻解消と300万ドルの権利を法廷で争う。しかしワッパー判事(デニス・ミラー)は300万ドルを凍結し、半年間の強制結婚と、週1回のカウンセリングという判決を下す。この結婚を成功に導くための努力をしたと証明すれば300万ドルが手に入り、それができなければ長い裁判の末、全て弁護士に持っていかれるというのだ。ヘーダーのほか、ジョイの女友達ティッパー(レイク・ベル)、ジャックの父親ジャック・シニア(トリート・ウィリアムズ)、ジョイの上司バンガー、ジョイの元婚約者メイソン、精神科医のトゥイッチェルを巻き込み、半年間の夫婦ごっこが始まる……。

解説

ラスベガスで酔った勢いで結婚し大金を手にした不釣り合いな男女が、マンハッタンで強制結婚生活を送るラブ・コメディ。出演は、「ホリデイ」のキャメロン・ディアス、「守護神」のアシュトン・カッチャー。監督は「Starter for 10」のトム・ヴォーン。脚本は「幸せになるための27のドレス」でリライターを務めたデイナ・フォックス。

2008年8月16日より

  • 配給
  • 20世紀フォックス
  • 製作国
  • アメリカ(2008)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト