作品 映画館 ニュース

憐 Ren

500年後の未来から“過去流しの刑”で送られてきた少女・朝槻憐。彼女は、学校と自宅以外では誰にも認識されない“孤独の刑”を与えられていた。周りの人の記憶はコンピューター「時の意志」によって操作されていて、クラスメイトたちも彼女の存在を疑わず、ずっと一緒に過ごしてきたと信じている。しかしただひとり、鳴瀬玲人だけは違和感を持っていた。不可解に思った玲人は教室で憐と二人だけになった時、あることを確信する。

解説

水口敬文による同名小説を映画化。シギサワカヤのイラストも印象的なこの原作は、第9回スニーカー大賞において奨励賞に輝いた、少女の絶望と少年の希望が紡ぐ運命の物語だ。主役の朝槻憐を演じるのは、人気モデルで音楽活動も行っている岡本玲。今作が映画初主演だが、孤独な少女の“明”と“暗”を見事に演じ分けた。玲人と修司は、ミュージカル「テニスの王子様」で知られる馬場徹と中山麻聖が演じている。監督は『妄想少女オタク系』の堀禎一。ライトノベル原作らしいSF要素を帯びた学園物語を、若手キャストと長回し中心の丁寧な演出でフレッシュな青春映画に昇華させた。

2008年07月26日より

  • 配給
  • ベドラム
  • 製作国
  • 日本(2008)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト

公式サイトはこちら