作品 映画館 ニュース

闇の子供たち

日本新聞社バンコク支局の記者、南部浩行(江口洋介)は、東京本社からあるネタの調査を依頼される。それは近く日本人の子供がタイに渡り、臓器移植手術を受けるらしいとの情報だった。その頃、東京の大学で社会福祉を学んだ音羽恵子(宮崎あおい)が、アジアの子供たちのために何かをしたいという思いで、バンコクの社会福祉センターを訪ねる。女性所長ナパポーン(プライマー・ラッチャタ)とスラム街の視察に同行した音羽は、貧民層の厳しい現実を目の当たりにし、アランヤーという少女の消息が分からなくなっていることを知る。さらに、取材のためにセンターを訪れた南部から、子供の臓器移植手術の情報を聞かされる。アランヤーは、チェンライの街にある売春宿に売り飛ばされていた。マフィアが仕切るこの売春宿には、大勢の子供たちが劣悪な監禁部屋に閉じ込められている。アランヤーから助けを求める手紙を受け取ったナパポーンと音羽は、売春宿の場所を探り当てるが、警察は証拠不十分として動こうとしない。マフィアの監視の目があるので、自力での救出も難しい状況であった。そんな中、東京に飛んだ南部と音羽は、臓器移植手術のネタを掴んだ記者、清水(豊原功補)と合流、梶川(佐藤浩市)という商社マンの自宅へ向かう。彼こそタイで手術を受けようとしている子供の父親であったが、取材は決裂。無力感に打ちのめされながらタイに戻った音羽は、売春宿から捨てられたゴミ袋の中に、病に冒されたアランヤーを発見、救出に成功した。一方、南部は、フリーカメラマンの与田(妻夫木聡)と協力して、臓器提供者の子供が病院に連れてこられる決定的瞬間を撮影しようと試みるが、マフィアに見つかり拳銃で脅される。子供たちを救おうともがき苦しむ南部は、人間の内に潜む真の闇と向き合うことになるのだった…。

解説

タイを舞台に、そこで横行する少女売春や人身売買といった闇の現実を描いたドラマ。「血と骨」の梁石日の小説を「魂萌え!」の阪本順治監督が映画化した。出演は「少林少女」の江口洋介、「陰日向に咲く」の宮崎あおい、「どろろ」の妻夫木聡、「ザ・マジックアワー」の佐藤浩市、「カメレオン」の豊原功補など。

2008年08月02日より

  • 配給
  • ゴー・シネマ
  • 製作国
  • 日本(2008)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト

公式サイトはこちら