作品 映画館 ニュース

トワイライトシンドローム デッドゴーランド

田舎町の辺鄙な遊園地に集められた7人の若者たち。大学生のショウ(金井勇太)、お嬢様女子大生のコトミ(吉川まりあ)、フリーターのケンタロウ(馬場徹)、ニートのユキヒコ(斉藤崇)、ゲーム好きの高校生タイチ(泉澤俊希)、ファッション好きの専門学校生チカコ(星井七瀬)、引きこもりの女子高生メイ(荒井萌)。初対面の彼らにとって共通の目的は、ここで開催されるホラーゲーム“トワイライトシンドローム”のイベントに参加すること。彼らの前に進行役としてピエロが登場し、新作ゲームの体験プレイを行うと告げる。だが、それはコンピュータゲームではなく、知力・体力・精神力などが試される体験型のゲームだった。怪訝に思いながらも、無人の遊園地でゲームを始めた彼らを待っていたのは、死という罰ゲーム。ゲームオーバーした者は残虐な方法で殺されてしまう。周囲には殺人トラップが仕掛けられ、脱出不可能。閉ざされた空間で強制的に殺人ゲームは続行されてゆく。

解説

人気ホラーアドベンチャーゲーム『トワイライトシンドローム』の世界を映画化。監督には「ドッペルゲンガー」の脚本家・古澤健、「独立少女紅蓮隊」の安里麻里を起用、各々が一本ずつの作品を監督した。主演は「デッドクルーズ」に「アヒルと鴨のコインロッカー」の関めぐみ、「デッドゴーランド」に「ノーパンツ・ガールズ」の荒井萌。

2008年8月16日より

  • 配給
  • 製作国
  • 日本(2008)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト