作品 映画館 ニュース

ビューティフル・ルーザーズ

1990年代のアメリカ。スケートボードやパンク、ヒップホップといったファッションの中で、社会からはみ出した若者たちが、独自のアートを生み出していった。出身や作風はさまざまだが、彼らはニューヨークのギャラリー「ALLEGED(アレッジド)」を中心に、自然発生的なムーヴメントを生み出していく。数年の間に彼らの存在は広く知られ、世界的にも脚光を浴びる事になる。本作はその軌跡を描くドキュメンタリーだ。

解説

アメリカ映画を見ていると、よくののしり言葉で「落ちこぼれ(ルーザー)」という言葉が出てくる。作品に登場するストリート系のアーティストたちは、社会からルーザーズと言われていた者たちだ。彼らはアーティストといっても正式な美術教育は受けておらず、社会や学校、家庭からでもアウトサイダーだった。彼らはその満たされない鬱屈とした感情を、作品として「表現」する事で、アートに転換したのだ。彼らの多くは商業デザインでも活躍しているので、見た事があるという人も多いだろう。映画ファンには『ガンモ』の監督ハーモニー・コリン、『サムサッカー』の監督、マイク・ミルズらがインタビューに答えているのも興味深い。

2008年08月02日より

  • 配給
  • ファントム・フィルム
  • 製作国
  • アメリカ(2008)
  • ジャンル
  •  

公式サイトはこちら