マザー・テレサ 母なるひとの言葉

「実践してこそ、愛なのです」この力強い言葉を世に投げかけ、そして自ら生涯を掛けて実行したひとりの女性。1910 年、[アグネス・ゴンジャ・ボヤジュ]として生まれた彼女は18 歳で修道女会に入りインドに赴き、[テレサ]という名の下に修道女となる。1946 年のある日、シスター・テレサは『病人や死にゆく人、飢えた人、服や家のない人の世話をしなさい。最も貧しい人々への神の愛を実践するのです』という召命を聞いたと言う。その声に従って修道女会を出、コルカタ(カルカッタ)のスラムで人種も宗教も超えて活動を始めた彼女の行いは徐々に広がり、遂には世界的な支持を集めていく。敬愛を込めて[マザー]と呼ばれるようになった彼女は、1979 年ノーベル平和賞を受賞。その後も、インドだけでなく世界各地で精力的に活動を続けた末、1997 年9 月5 日、その生涯を終えた。インド政府はその葬儀を異例の国葬として執り行い、全世界が『母』の他界を悲しむと共にその遺志を継ぐことを誓った。世界中で最も尊敬された女性、それがマザー・テレサだった。生前に撮影されたマザー・テレサ本人のインタビュー映像、そして1997 年の盛大な国葬の模様が収録されたドキュメンタリー。高価な薬や治療を拒否し自分の苦痛には一言も文句を言わず、貧しい人のために最後まで働き続けた母なる人、マザー・テレサ。崇高な理念、信仰、文化と政治の境界など、【真の聖者】とも言われた彼女からの目の覚めるような教えの言葉が、自身により語られている。また、マザーを看取った側近の修道女たちにより、死を間近にした彼女の最後の行動や発した言葉、その瞬間を迎えたマザーハウスそしてコルカタ(カルカッタ)の様子などが鮮明に語られる。

解説

2007年、マザー・テレサの没後10 周年に際し、「マザー・テレサ:母なるひとの言葉」を記念公開。「母なるひとの言葉」はインド政府による国葬の模様を軸に、生前のマザーが自ら語る言葉を記録した映像と、その言葉を継ぐ者たちの証言で構成されている。

2007年9月15日より

  • 配給
  • ナインマイルズ
  • 製作国
  • アメリカ(2004)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト