作品 映画館 ニュース

石の微笑

フィリップ(ブノワ・マジメル)は、ロマンチストで繊細な青年だ。母と、妹二人という環境の中で暮らすフィリップにとって、最も愛すべきものは、家の庭に置かれている“フローラ”という石の彫像だった。しかし、“フローラ”は、母の恋人へのプレゼントとなり、フィリップは最愛の存在を失ってしまう。ある日、妹の結婚式でフィリップは、センタ(ローラ・スメット)という女性に出会う。フィリップは、センタにフローラを重ねるが、自分からセンタを誘うことなどできるはずもない。一人結婚式会場を後にするフィリップ。しかし、その夜、センタがフィリップの元を訪れる。結婚式場でフィリップを見かけ、自分にとって運命の男性だと確信した、と告げるセンタ。二人は、一夜を共にする。センタの虜となったフィリップは、誘われるがままに、センタの家に入り浸り、情事を重ねる。センタの嘘とも真実ともつかない言動は、次第にエスカレートしていくが、それでも、フィリップは、センタの元から離れなかった。そして遂に、センタは自分を愛してくれている証として、フィリップに四つのことを為すように迫る。「木を植えること」、「詩を書くこと」、「同性と寝ること」、そして「誰かを殺すこと」。センタから逃れられないフィリップには、恐ろしい運命が待ちかまえていた。

解説

美しいが、どこか狂気じみた女性に翻弄され、狂気的な愛にのめり込んでいく青年の姿を描いたサスペンス。女流ミステリ作家、ルース・レンデルの同名小説の映画化で、監督は「女鹿」や「沈黙の女/ロウフィールド館の惨劇」など、人間心理に迫るミステリを得意とするクロード・シャブロル。ハンサムで繊細な主人公フィリップには、「ピアニスト」で2001年カンヌ国際映画祭最優秀男優賞を受賞したブノワ・マジメル。

2007年6月30日より

  • 配給
  • キネティック
  • 製作国
  • フランス ドイツ(2004)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト