作品 映画館 ニュース

ザッツ・ザ・ウェイ・オブ・ザ・ワールド

黄金の耳を持つ男と呼ばれ、音楽業界にその名を轟かせるプロデューサー、コールマン(ハーヴェイ・カイテル)。彼は新進気鋭のR&Bグループ、その名もグループ(アース・ウィンド&ファイアー)のデビューを控え、レコーディングの真っ最中だった。ところが、唐突に会社の上層部からペイジズというユニットをプロデュースするよう命じられる。ペイジズは人気絶頂のカーペンターズの、柳の下のドジョウを狙う白人ファミリー・トリオで、いわゆる<アメリカの望む音>を聴かせるユニットだ。ところが、その歌唱力と音楽性は、コールマンが築いてきた名声を壊しかねないものだった。しかし、会社の命令に従わざるを得ない立場のコールマンは、渋々ペイジズのレコーディングを開始する。そんな彼にメイン・ヴォーカルのヴェロア(シンシア・ボスティック)が急接近し、コールマンとペイジズはより親密になっていく。一方、レコーディングを中断された上にテレビ出演までキャンセルされたグループのメンバーは、コールマンへの不信感を露にし、信頼関係が崩れていく。グループとともに自分が望む音楽を追い求める気持ちと、ペイジズを抱え会社には逆らえない立場との狭間で、コールマンは重要な決断を迫られる……。

解説

70年代のダンス&ソウル・ミュージックのアース・ウィンド&ファイアーのメンバーが総出演した衝撃のフィルムが30年余の歳月を経て、公開された。監督は「スーパーフライ」のプロデューサー、シグ・ショア。主演は、ハーヴェイ・カイテル。日本ではその存在すら知られていなかった本作だが、今世紀に入りアメリカでネガが発見され、HDリマスタリングで完全復元した。

2007年04月14日より

  • 配給
  • シネフィル・イマジカ
  • 製作国
  • アメリカ(1975)
  • ジャンル
  •  

公式サイトはこちら