恋するブラジャー大作戦(仮)

アジア全土で人気を誇る日本の下着メーカー「シス」は、“女性が身につけるモノだからこそ”という考えで、デザイン、マーケティング戦略、会社の運営にいたるまでのすべてを女性スタッフで行なってきた。だが新たな方向性を模索し、《究極のブラジャー》の開発による新ブランドの展開を決定する。社長のナナコは香港支社長のサマンサ(カリーナ・ラウ)に、3ヶ月の期限で新ブランドによる中国市場の開拓を命ずる。初の試みとして男性社員を採用することに戸惑うサマンサだが、ナナコの説得で新プランの推進を決意する。香港支社のチーフデザイナーのレナ(ジジ・リョン)は、本社のこの決定に納得できずにいた。これまで女性だけで成功を収めてきたというプライドから、どうしても男性を認めたくなかったのだ。かくして多数の応募者から選ばれたのは、プレイボーイタイプのウェインと、やたらと自信たっぷりのジョニー。「シス」初の男性社員に対する女性スタッフの歓迎は度を越した熱烈ぶりで、ふたりはすっかり有頂天に。それを冷ややかな目でみていたレナは、彼らに既存のブラジャーについてのレポート提出を命令する。さっそく街中のランジェリーショップ巡りを開始するが、ブラジャーの安物と高級品の違いさえも分からない。ウェインとジョニーはノリだけで試作品を発表するが、反応は惨憺たるものだった。屈辱と敗北感を味わった二人はようやく真剣に仕事を始めるが、乳房がない彼らにはブラジャーのフィット感や着け心地を理解できず、開発は暗礁に乗り上げる。窮地に立たされているにもかかわらず、ふとしたことから憧れのサマンサと一夜を過ごしてしまうジョニー。サマンサにとっては“一夜の情事”だったが、嬉しさで舞い上がっているジョニーは恋人のキャンディに恋の相談をしてしまう。一方、社内でレナだけが自分になびかないことに納得のいかないウェインは、彼女を落とすために姑息な計画を開始する。

解説

大手下着メーカーに起用された男性社員による新ブランド開発作戦をコミカルに描く。香港で大ヒットを記録し、続編も製作された。出演は「2046」のカリーナ・ラウ、「再見 また逢う日まで」のジジ・リョン。

2006年6月24日より

  • 配給
  • ファイヤークラッカー
  • 製作国
  • 香港(2001)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト