作品 映画館 ニュース

僕が9歳だったころ

1970年代。田舎の小学校に通うヨミン(キム・ソク)は、不良少年から友人を守り、姉と暮らしている親友ギジョン(キム・ミョンジョ)とお弁当を分けて食べるなど、優しい心を持っている少年。そのヨミンのクラスにソウルからアメリカ育ちの可愛い女の子、チャン・ウリムが転校して来る。田舎の生徒と違い洗練されているウリムを見た瞬間に、ヨミンは恋に落ちる。生まれて初めて経験する不思議な気持ちを手紙に託しウリムへ渡そうとするが、ウリムは担任の先生へ渡してしまいヨミンはみんなの笑いものになる。自尊心が傷ついたヨミンはその仕返しに彼女に嫌がらせをする。ふたりともまだ自分自身の感情をうまくコントロールできないのだった。川で溺れそうになった彼女をヨミンが救ったことをきっかけにふたりは相思相愛になったかに見えたものの、遠足の帰りにちょっとしたことで仲違いしてしまう。素直な気持ちを伝えられず、ついウリムと張り合ってしまうヨミン。片思い中のパルボンさんと話しているうちに、愛する人に何かをしてあげたいという彼の思いがヨミンの心を揺さぶる。ある日、ウリムが持っていたお金が学校でなくなる事件が起こった。その時運悪く同額のお金を持っていたヨミンが犯人扱いされ、担任の先生に酷く罵られる。ヨミンが持っていたこのお金は、片目を失明した母親(チョン・ソンギョン)にサングラスを買ってあげようと、学校帰りに内緒でアルバイトをして一生懸命貯めていたものだった。ヨミンが隠れてアルバイトをしていたことを知った母親は、彼の心のやさしさに感動する。突然ウリムがソウルへ転校することになる。ウリムはみんなにお別れの挨拶をするときに、重大な告白をする。

解説

1970年代の韓国を舞台に、転校生の女の子をめぐり様々な経験をする9歳の子供たちの成長ストーリー。韓国で130万部のベストセラーを記録したウィ・ギチョルの『9歳の人生』をもとに、「ワイルドカード」「ボリウルの夏」のイ・マニが脚本を執筆。監督は「バリケード」「マヨネーズ」のユン・イノ。出演は「キリマンジャロ」のキム・ソク、『宮廷女官 チャングムの誓い』のイ・セヨン。

2006年2月4日より

  • 配給
  • コムストック=カルチュア・パブリッシャーズ=ツイン
  • 製作国
  • 韓国(2004)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト