作品 映画館 ニュース

ミュージック・クバーナ

ハバナのタクシー運転手バルバロは音楽業界に進出する夢を持っていた。そんな折、彼は「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」のスター、ピオ・レイバと出会う。ピオをマエストロに迎えて若手ミュージシャンによるバンドを組みたいというバルバロ。最初は興味を示さなかったピオだが美しい女性シンガー、オスダルヒアとの出会いによって乗り気になった。バルバロとピオはハバナの隅々にまで足を運び、有能なミュージシャンたちをスカウトしていく。全てが順調に進んでいった。バルバロの夢はキューバから遠く離れた異国で自分のバンドのコンサートを開くことだった。タクシーでバンドの音楽をかけていると、ある日乗ってきた日本人観光客が興味を示してきた。この運命の出会いから間もなくして、バンドは東京行きの飛行機の中に座ることになる。ハバナとは対極にある東京で、メンバーは、音楽に国境は無いことを実感するのだった。熱狂的に彼らを迎え入れる東京の観客たち。そしてここにバンド「ザ・サンズ・オブ・キューバ」が誕生したのだ……。

解説

キューバ音楽の若きミュージシャンたちが伝統と現代の間で生きる姿を描く音楽映画。キャストは「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」に出演したピオ・レイバをはじめ、実際のミュージシャンたちが演じている。製作総指揮を務めるのは「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」の監督ヴィム・ヴェンダース。そして監督はヴェンダースの愛弟子ヘルマン・クラル。

2006年7月1日より

  • 配給
  • ファントム・フィルム=ハピネット・ピクチャーズ
  • 製作国
  • ドイツ(2004)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト