作品 映画館 ニュース

サージェント・ペッパー ぼくの友だち

どこへ行くにもトラの着ぐるみ姿で、人間になりたくない6歳のフェリックス(ニール・レナート・トーマス)。ひとりも友だちのいない息子を母親は心配するが、発明家の父親は優しく見守っている。ある日、フェリックスの前に、想像力のある子供とだけおしゃべりのできる犬 “サージェント・ペッパー”が現れる。父を説得して、飼い主が見つかるまでペッパーを預かることになったフェリックスは、生まれて初めて友だちができて大喜びだ。しかし、ペッパーには自分の家に帰れない理由があった。飼い主のゴルデンタール伯爵の遺産相続者(犬?)であるペッパーは、その莫大な遺産を狙う伯爵の娘と息子・コリナとジモンから命を狙われていた。フェリックスと仲良く暮らしていたペッパーだったが、ついにコリナに見つかって誘拐されてしまう。フェリックスは姉のフェリシアとペッパー救出へ向かうが、逆に捕まってしまう。フェリシアの機転でどうにか逃げ出したフェリックスたちが向かったのは、今やペッパーのものになった幾つもの部屋のある大きなお屋敷だった。そこにコリナたちや、フェリックスたちを探しに来た父もやって来る。財産の欲しいコリナはペッパーを銃で撃ってしまうが、彼の悪事はすべてばれ、ペッパーはどうにか助かる。しかし、昔犬に噛まれたことのあるフェリックスの父は、実は犬が大の苦手だったのだ。ペッパーは、このままフェリックスと一緒にいられるのか?

解説

トラの着ぐるみを着て人間になりたくないと思っている少年と、人間の言葉を話すことのできる犬が心を通わせるハートウォーミングドラマ。監督は「マーサの幸せレシピ」のサンドラ・ネットルベック。

2006年5月20日より

  • 配給
  • ハピネットピクチャーズ=ミラクルヴォイス
  • 製作国
  • ドイツ(2004)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト