作品 映画館 ニュース

アルティメット

治安の悪い街を隔離するようになったパリ、2010年。 無法地帯となった郊外の地区・バンリュー13。タハ(ビビ・ナセリ)とその一味が支配する、抗争の絶えないギャングたちの武力と権力が全ての、強い者だけが生き延びる地区である。この地区で生まれ育ったレイト(ダヴィッド・ヘル)は、荒んだ街からドラッグを一掃しようと危険を承知で一人、タハに立ち向かっていた。妹・ローラ(ダニー・ヴェリッシモ)と共にタハを警察に突き出すことに成功したと思ったのもつかの間、既にバンリュー13地区から撤収する手はずを整えていた警察は、面倒を避けタハを解放、レイトを拘束する。ローラはタハにさらわれ、レイトは一人投獄される。6ヶ月後のある日、パリ市内の警察本部では緊急事態が発生。 政府の作った時限爆弾がタハによって盗まれ、バンリュー13地区に送り込まれていることが判明する。しかも、あやまって時限装置が作動、爆破までに残された時間はわずか24時間だった。的確な動きと常人離れした身体能力でどんな任務もパーフェクトに遂行するエリート潜入捜査官ダミアン(シリル・ラファエリ)に、爆弾解除の指令が託された。しかし、通常何週間もリサーチを重ねた上で任務に挑むダミアンにとって、バンリュー13地区は未踏の地であり、あまりにも時間が足りない。しかしまだ開発途中のこの爆弾が爆破すれば、半径8キロ以内の人間約200万人の命が奪われてしまう。バンリュー13地区の地理に不案内なダミアンに、半年前に投獄されたレイトがあてがわれた。ダミアンは国を守るため、レイトは妹を救うため、無政府状態となったバンリュー13地区に潜入する。刻一刻と迫る時間のなか、2人の男の戦いが始まった。

解説

パリの中でも隔離された無法地帯で、ギャングにより仕掛けられた時限爆弾を2人の男が探すノンストップ・アクション。「トランスポーター」などの撮影監督を務めてきたピエール・モレルの初監督作品。製作は「トランスポーター2」のリュック・ベッソン。出演は「キス・オブ・ザ・ドラゴン」のシリル・ラファエリ、「YAMAKASI」のモデルとなった『バルクール』の創始者ダヴィッド・ヘル。

2006年07月15日より

  • 配給
  • ザナドゥー
  • 製作国
  • フランス(2004)
  • ジャンル
  •  

公式サイトはこちら