作品 映画館 ニュース

アブノーマル・ビューティ

大学で美術を専攻する、裕福な家庭で何不自由なく育った才色兼備のジン(レース・ウォン)。彼女は自らの作品に物足りなさを感じていた。ある日、ジンは外出先で、交通事故によって息途絶えた女性に遭遇する。無我夢中にカメラのシャッターを押すジン。彼女は自分の作品に欠落していたもの、それは死の瞬間―そして、そこに流れる血だったのだ。新たに湧き上がった欲望を満たすため、ジンは死体が収められた写真集を購入し、自らも市場で殺される食用鶏など、生物の死の瞬間を被写体に捉え始める。そんな中、彼女は偶然にもビルの屋上にたたずむ、ひとりの少女を発見する。少女は地面に向かって落下。本能的にシャッターを押し続けるジンは、これまで体感したことのないエクスタシーを感じていた。一方、親友のジャスミン(ロザンヌ・ウォン)はジンのただならぬ変化に、複雑な気持ちを示していた。ジンには幼少時代に男友達に悪戯をされ、その真実を母親(ミシェル・ライ)に話すことができなかったという、誰にもいえない過去があった。それが長年、彼女のトラウマになっていると知ったジャスミンは、ジンに真実を母親に話すことを決意させる。トラウマを克服したかに思えたジン。だが大学の彼女のロッカーには死体の写真が何者かによって置かれ、自宅には差出人不明のビデオテープが送られてくる。それはひとりの少女が監禁され、殺害される瞬間までを捉えたスナップ・ビデオだった。ジンは彼女をストーカーのように追い続けていたアンソン(アンソン・リョン)を問い始めるが、彼にはまったく見覚えのないことだと言う。そして、新たにジンのもとに差出人不明のビデオテープが届く……。

解説

大学で美術を専攻する女性が死の美しさに魅了され、その嗜好を知った何者かにより恐怖に陥れられる、猟奇サスペンス。監督は「the EYE」のオキサイド・パン。出演は2Rとしての歌手活動やモデル、”香港版『流星花園』”と言われるドラマ『當四葉草石並上劍尖時/heart of fencing』に出演し女優としても活躍するレース・ウォンとロザンヌ・ウォン、「ワン・ナイト・イン・モンコック」のアンリョン・ソンほか。本作で、レース・ウォンは第24回香港電影金像奨並びに第42回台湾金馬奨最優秀新人賞にノミネートされた。

2006年02月25日より

  • 配給
  • リベロ
  • 製作国
  • 香港(2004)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト

公式サイトはこちら