作品 映画館 ニュース

アダム 神の使い 悪魔の子

ポール(グレッグ・キニア)とジェシー(レベッカ・ローミン)は、愛息アダム(キャメロン・ブライト)と幸せな生活を送っていた。しかしアダムは不運にも交通事故に巻き込まれて死んでしまう。悲嘆にくれるポールらの前に遺伝子学者ウェルズ博士(ロバート・デ・ニーロ)が現れた。ウェルズはヒトクローン創造の可能性を説き、アダムを再生させないかと持ちかけた。アダムへの愛情から夫妻はウェルズの提案を受け入れてしまう。こうして第二のアダムが生まれた。すくすく成長していくアダム。しかし次第に様子がおかしくなってくる。不気味な絵を描いたり汚い言葉を吐いたり、一方では悪夢や幻覚を見るようになっていたのだ。不可解に思ったポールは独自に調査を進め、アダムの悪夢に出てくる凶暴な少年「ザカリー」が実際に存在したことを突き止めた。ザカリーは母親を殺し、家に火を放ったという悪魔のような少年だった。そしてザカリーの父親こそウェルズであり、アダムのクローンを作るときにザカリーの細胞の一部を使用したことが判明する。ザカリーが母親を殺したように、アダムもまた、母ジェシーの頭部にハンマーを振り下ろそうとしていた……。

解説

クローン人間を巡る現代的な問題をテーマに、その恐ろしさと罪深さをを描いたサイコドラマ。悪魔に魂を売った遺伝子学者を演じるのは、二度のアカデミー賞に輝く名優・ロバート・デ・ニーロ、彼に翻弄される夫婦には、グレッグ・キニア(「恋愛小説家」)、レベッカ・ローミン(「X−MEN」シリーズ)が扮している。監督は「穴」でサスペンス・スリラー演出に冴えを見せたニック・ハム。

2006年10月7日より

  • 配給
  • ザナドゥー
  • 製作国
  • アメリカ カナダ(2004)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト